ゴルフ未経験のリポーターが体験!初めてのゴルフスクール
ゴルフは今までやったことがないインドア派40代の私。ちょっと興味はあるけれど、難しそう…と思っていたゴルフに、今回、初チャレンジ!初心者でも大丈夫だということで、中司先生のゴルフスクールを体験させていただきました。

まるで個人レッスン? どんなレベルにも合わせてくれるスクール

訪れた練習場は、ゴルフ場にあるのでとても開放的。中司先生の笑顔に迎えられ、まずはスクールの見学です。開始時間の前から生徒さんたちはすでにレーンで打ちっ放しを始めている様子。このレッスンには7人の生徒さんが参加していました。そこへ、中司先生は1人ずつに声をかけ、順番に生徒さんの間を回っていきます。生徒さんたちはレベルも自身が取り組んでいる課題もバラバラのようで、カリキュラムのようなものがあるのかと思っていた私から見ると、ほぼ個人レッスンのように見えます。これなら、どのレベルの人でも参加しやすそうですね。
「自分の今のポジションは合ってますか?」「テレビで見たのだけど、それはこういうこと?」など生徒さんの疑問&問題にも一言一言ていねいに、しかも分かりやすい言葉で説明される中司先生。生徒さん同士も気安く言葉をかけながらみなさん楽しそうに、でも中司先生の言葉は真剣に受け止めながら受講されていました。

スクールレッスンの様子

女性Aさん
「人から見られるのが好き」と言うAさん。そんなAさんに中司先生は
「スイングし終わったときに、“さあ撮って”といえるような姿になっていること。最後の形をキメるつもりで」
とアドバイス。

男性Bさん
「悪いクセが出ていて…」とスイングして見てもらい、中司先生がチェック。再度ボールに向かったところ
「いいインパクトのときは、ボールの行方を追う、その姿ができています」
と。

女性Cさん
アプローチについて確認するCさん。中司先生は
「自分の悪いところを理解して、良いときと悪いときの違いを覚えてください」
と。
女性Dさん
ショットを見てもらうDさんに
「極端も知らなければなりません。よりクラブを立てる、かぶせる、寝かせる…いろいろやって、その結果を分かるようにならないと、正常は何かが分からないから」
と中司先生。

男性Eさん
アイアンの練習をしているEさんに
「打ちにいっちゃうとしなりが出ない。振るというのは力ではなくスピードです。また、悪いときはつま先に体重がのっている。つま先にのっていると腰も止まる。あれもこれもで難しいですが、練習だから考えながらやりましょう」
と中司先生。

初心者から始めた生徒さんにレッスンの感想を聞きました!

女性Dさん(目標スコア:108)

心が優しい、初心者でも安心の先生です。

「運動をしたくてゴルフを始めようと思い、5年間、中司先生に習っています。中司先生は生徒それぞれ、その人なりに合わせて教えてくれるのがいいんです。レッスンに来るのは楽しいですね。先生につかないと分からないことがいっぱいある。知らないことを教わるのは楽しいです。初心者の方は、先生を選ぶことが大切だと思います。中司先生は心が優しく、私に合った教え方をしてくれます」

ゼロからスタート!初心者レッスン

いよいよ、私の初心者レッスンがスタートです。クラブの持ち方も知らない私なので、持ち方、構え方から丁寧に教えてもらいました。

■持ち方

「グリップを1、2センチ短く、ナイフとフォークを持つときの手に近いですが、握る形を何度も繰り返して覚えてください。最初はピンとこないかもしれませんが、だんだんフィットしてきます」
…これが、なかなか難しくすぐに忘れてしまいそうな手の形。なんだか最初はしっくりこない感じなのですが、クラブを上下に手首で動かせる状態です。この状態をすぐに作れるように、繰り返して覚えないといけないのですね。

■構え方

「まず姿勢が大事です。膝を曲げず、前傾姿勢になり、その上で膝を軽く曲げる。動かないボールを打つので、身体がどっしりと腰がすわっていないといけません。両腕をダランと下げて左右にブラブラ振り子運動ができて、身体の軸が動かないように」
…前傾姿勢は自分で思うよりもかなり前かがみの状態ですが、押されても確かに動かないどっしり感です。

■振り方

「右から左に目標をまず目で覚えてください。フェイスの向きがどう動くか覚えて、その振り方を繰り返す。人間は思っているよりも動きが大きくなるので目で確認すること。これが出来たら基本の振り方がマスターできたことになります」
…ゆっくりとクラブのフェイス向き、白いラインを確認しながら動かすのを練習するのですが、合っているのかどうかは、先生に見ていてもらわないとなかなか分かりません。

■ボールを打つ

まずはティーをボールと見立てて当てるところからはじめ、いよいよボールを打つことに。ボールを前にするととたんに身体が硬くなる気がします。
「止まっているボールを打つということがゴルフの難しさ。だから体幹がしっかりしていないといけないんです」
と言われ、姿勢をキープしつつショット。まだ目線は右から左にクラブを追いつつ打ちます。これで、空振りしなかったので、ボールだけを見たまま打ちはじめました。これが、ボールの芯に当てられるといい音がして、そうすると飛距離が出て、何ともスカッといい気持ちに。ですが、そんな当たりはなかなか出ません…。
「どうして毎回、いい当たりが出ないのかと、気持ちが先に先にいってしまうと思いますが、あとは練習です!」と中司先生。
何本か打つうちに、グリーンにのせられたショットも!これは爽快です。
中司先生に良いところはほめられながら、楽しく初めてのレッスン終了。人から見られながらの練習は緊張しますが、その反面、すごく集中していた自分に気づきます。中司先生は指導されるときに、その理由付けもしてくれるので、右も左も分からない私でもすんなりと納得できました。ボールを飛ばす爽快な気分が楽しめたゴルフレッスンでした。

ページトップ

神奈川県綾瀬市深谷南7丁目2番1号
ゴルフ場内練習場